Event Report

『出前走浅草2020』開催レポート

沿道からの拍手を背負って、浅草の街を24人の令和の出前持ちが激走!
~ 新しい日常(ニューノーマル)が生んだニュースポーツ『出前走浅草2020』

11月30日「そばの日」を祝い、浅草の街から新しいイベントを発信。そして日本に元気を!

出前走浅草2020実行委員会は、11月30日「そばの日」を控える2020年11月29日(日)に東京・浅草にて、新しい日常から生まれたスポーツイベント「出前走浅草2020」を、新型コロナウイルス感染拡大防止に十分に留意をして開催しました。
事前にエントリーした30名の選手(当日DNSとなった選手あり)が、思い思いの仮装に身を包み、さまざまなスタイルで蕎麦の器を抱え、浅草の六区ブロードウェイに設けられた特設コースを疾走。
エンタテインメントの街らしく、レースの合間には和楽器ステージやライブペインティングのショーを実施。
沿道からはたくさんの拍手が送られ、笑顔と活気にあふれる一日になりました。

イベント開催の背景

2020年春以来、新型コロナウイルス感染拡大を予防するため、人々は外出を自粛し、商店や地域は来街者の呼び込みを控え、その影響は観光地にとっては計り知れないものでした。2020年夏以降、行政による様々な施策が行われ、地域も感染症対策等を十分に行いながら、街に賑わいは戻ってきつつありますが、とりわけ浅草のような文化発信地においては、次の文化の礎を発信し、日本に元気を発信していく役割があります。その思いから実行委員会が立ち上がり、イベントを実施するに至りました。

 イベントの内容については、ウィズコロナと言われる新しい日常(ニューノーマル)時代において、フードデリバリー市場が注目を集めている点に着目。去る12月8日にぐるなび総研の発表した「今年の一皿」が「テイクアウトグルメ」が選ばれたことからも、まさに時代を象徴する点と言えます。

 フードデリバリーといえば、日本に古くからある「出前持ち」。蕎麦の器を何段も積み上げて自転車で運ぶ多くの写真や記事が、また昭和30年(1955年)には浅草のオレンジ通りで出前コンクールなるものが行われていた記事を検索することもできます。この点から着想を得て、令和の時代にアレンジしたニュースポーツが「出前走」です。なお、現在では片手運転は道路交通法により禁じられていますが、ヘルメットの着用やコース安全対策などを実施することで、所轄警察署より許可を得て実施しました。

【イベント概要】
日時:2020年11月29日(日)12:00~16:00
場所:浅草 すし屋通り~六区ブロードウェイ 一帯 ※小雨決行・雨天中止
主催:出前走浅草2020実行委員会
共催:協同組合浅草おかみさん会 / 一般社団法人浅草六区エリアマネジメント協会
後援:浅草すしや通り振興組合 / 六区ブロードウェイ商店街振興組合
特別協力:au / DANCERS COLLECTION

オフィシャルウェブサイト:http://demaesou-asakusa-2020.peatix.com

 

【出演者】
MC Sports MC Alee
コースレポーター 坂田 陽子
DJ 帝
スターター FURISODEgirls
オープニング演出協力 人力車 福ろう屋
衣装審査員 石井 正則(俳優/七代目自転車名人)
      稲葉 和保(協同組合浅草商店連合会 理事長)
ライブペイント TOMI-E a.k.a. 富壱

お気に入り

ブラウザーのアップグレードを推奨します
古いバージョンのブラウザからは一部機能が使えない場合がございます。ブラウザのアップデートを行ってください。
下記のリンクからブラウザをアップグレードしてください