“興行街”浅草六区の復活! 浅草六区、国家戦略道路占用事業の認定を取得

一般社団法人浅草六区エリアマネジメント協会(代表理事:安田 和章)は浅草六区にエンターテインメントを中心とした国内外観光客の憩い・休息の場となる空間や賑わいを創出し、浅草六区の興行街の復活に向けた活動を行っております。
昨日、2019年9月30日、国家戦略特別区域諮問会議(議長:安倍晋三・内閣総理大臣)が開催され、浅草六区ブロードウェイ(台東区浅草1丁目25番先~台東区浅草2丁目8番先)において、国家戦略道路占用事業のエリアマネジメントに係る道路法の特例(国家戦略特別区域法第17条に規定する国家戦略道路占用事業)が認定されたことを報告します。
本日、10月1日は、浅草六区の最初の劇場「常盤座」が132年前に開場し、浅草六区が興行街として興隆する第一歩を踏み出した日です。

お気に入り

ブラウザーのアップグレードを推奨します
古いバージョンのブラウザからは一部機能が使えない場合がございます。ブラウザのアップデートを行ってください。
下記のリンクからブラウザをアップグレードしてください