一般社団法人浅草六区エリアマネジメント協会
国家戦略特区認定の浅草六区が新プロジェクト「浅草六区 - Connect with the world -」をスタート

一般社団法人浅草六区エリアマネジメント協会(代表理事:安田 和章)は、国家戦略道路占用事業に認定された浅草六区ブロードウェイを活用した「浅草六区 - Connect with the world -」を本日10月25日(金)より開始します。

このプロジェクトの皮切りとして、「桐生八木節まつり in 浅草」を10月25日(金)、26日(土)の二日間実施することに加えて、「TOMODACHI STREET」を10月25日(金)より毎週末開催します。

日本随一の“興行街”浅草六区を復活する新プロジェクト「浅草六区 - Connect with the world -」では、国家戦略道路占用事業に認定された浅草六区ブロードウェイを全面開放し、国内外とつながり、共存、還元していける持続可能な文化を発信する様々な取り組みを行っていきます。
まずは、「桐生八木節まつり in 浅草」といった日本各地の唯一無二な文化である祭りを浅草六区に誘致します。さらに、国内外問わずコミュニケーションを活性化する「TOMODACHI STREET」を通じ、サスティナブルな文化発信のプラットフォームを創出します。

浅草六区は政府の収公により、欧米に倣った都市公園「浅草公園六区」として誕生し、これまで時代ごとに様々な制限が設けられてきました。
誕生から130年の時を経て、昨今では道路斜線制限や隣地斜線制限などから解放し、現在、国内外問わず、多くの観光客が訪れる場となっています。

国家戦略道路占用事業に認定された浅草六区では、今後も国家戦略特区での規制緩和等を最大限に活かし、国や行政、民間企業や地域の関係団体と連携をとり、人や文化が集い、コミュニケーションを活性化する場を作ることで、世界とつながり、文化を発信する興行街として、さらなる躍進を目指していきます。

お気に入り

ブラウザーのアップグレードを推奨します
古いバージョンのブラウザからは一部機能が使えない場合がございます。ブラウザのアップデートを行ってください。
下記のリンクからブラウザをアップグレードしてください